「アイヌの世界を旅する」北原次郎太監修

公開日: 更新日:

 日本の先住民族、アイヌの世界を案内してくれるビジュアルブック。

 わずか150年前まで、北海道はアイヌが主体の世界だったが、現在、550万人の道民に対してアイヌ民族人口は約2万人(調査を拒否している人などを加えるとその数は数倍になるらしい)。アイヌ語は、周囲に同系の言語が見つからない孤立語で、民族名のアイヌとは本来「人間」の意味。和人(日本人)にもなじみの深い「カムイ」は「神」の意だ。あらゆるものに霊魂が宿っていると考えるアイヌ民族は、特に強い霊力を持ち人間への影響力が大きいものを「カムイ」と呼ぶという。その他「イオマンテ=霊送り」「コロポックル=フキの茎の下にいる者」など、まずは7つのキーワードでアイヌの世界観を解説。その上で道内各所に伝わるアイヌゆかりの地を訪ねる。

 まずは日高山脈の西側、太平洋に沿って広がる日高地方と胆振地方へ。あわせて「日胆」エリアと呼ばれるこの地域は、北海道の中では比較的温暖な気候で、アイヌ文化の伝承、普及活動が活発に行われている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る