「人生最後のご馳走」青山ゆみこ著

公開日:  更新日:

 大阪の「淀川キリスト教病院ホスピス・こどもホスピス病院」では、毎週土曜日、患者さんが夕食に好きなメニューをリクエストできる「リクエスト食」と呼ばれる取り組みが行われている。

 末期のがんで余命が2~3カ月と宣告された患者が入院の対象で、成人病棟の平均在院日数は約3週間。同病院へ転院してきた患者たちは、手厚いケアによって心と体の痛みが緩和され、それまでの抗がん剤治療などによって失っていた食事への意欲を取り戻す。

 本書は、人生の最終章を迎えた患者たちの選んだメニューから、その人の生きてきた人生の風景を描き出すビジュアル・ノンフィクション。

 転院して笑顔を取り戻した玉井和代さん(74歳、すい臓がん)は、天ぷらをリクエスト。3人の子どもの育児が落ち着いたころ、スーパーのレジでパートを始め定年まで続けた。いつも時間に追われていたため、自然と料理の手際がよくなり、子どもたちが育ち盛りのころは天ぷらを山のように揚げたという。揚げても揚げてもお皿から消えていく感じで、揚げているうちに自分はお腹いっぱいになってしまったと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る