「カラー版 廃線紀行 もうひとつの鉄道旅」梯久美子著

公開日: 更新日:

 かつて線路だった跡を徒歩でたどる「廃線歩き」の魅力を伝えるビジュアル新書。

 全国の廃線跡を踏破してきた著者が、北は北海道から南は鹿児島まで厳選50路線を、歩いて見つけた、とっておきの風景とともに紹介しながら、廃線歩きという鉄道旅の新たな楽しみ方を提案する。

 まずはインターネットで見て一目ぼれした橋に会うために北海道へ。橋は夕張市のシューパロ湖に架かる三弦橋で、「下夕張森林鉄道 夕張岳線」の遺構だった。現役の鉄道橋でも、これほど絵になる美しい橋はなかなかないと著者は絶賛する。昭和21年の開通時にはシューパロ湖も橋もなかったが、ダム湖の完成で路線が水没したため三弦橋が架けられた。

 しかし、昭和38年に廃線になり、橋が活躍したのはわずか5年だけだったという。

 残念ながら新ダムの完成で三弦橋は現在、水没し、水位が下がったときにしか現れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  6. 6

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  9. 9

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  10. 10

    市民は反対票を「大阪都構想」維新は何度でも仕掛けてくる

もっと見る

人気キーワード