「カラー版 廃線紀行 もうひとつの鉄道旅」梯久美子著

公開日:  更新日:

 かつて線路だった跡を徒歩でたどる「廃線歩き」の魅力を伝えるビジュアル新書。

 全国の廃線跡を踏破してきた著者が、北は北海道から南は鹿児島まで厳選50路線を、歩いて見つけた、とっておきの風景とともに紹介しながら、廃線歩きという鉄道旅の新たな楽しみ方を提案する。

 まずはインターネットで見て一目ぼれした橋に会うために北海道へ。橋は夕張市のシューパロ湖に架かる三弦橋で、「下夕張森林鉄道 夕張岳線」の遺構だった。現役の鉄道橋でも、これほど絵になる美しい橋はなかなかないと著者は絶賛する。昭和21年の開通時にはシューパロ湖も橋もなかったが、ダム湖の完成で路線が水没したため三弦橋が架けられた。

 しかし、昭和38年に廃線になり、橋が活躍したのはわずか5年だけだったという。

 残念ながら新ダムの完成で三弦橋は現在、水没し、水位が下がったときにしか現れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る