• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世界の航空機 大図鑑」フィリップ・ホワイトマン総監修 中川泉、竹田純子訳

 人類が営々と築き上げてきた航空機の歴史をたどる豪華写真図鑑。

 太古から、鳥のように空を自在に飛ぶことと、それによって得られる自由を夢想してきた人類は、1783年、モンゴルフィエ兄弟がパリで製造した気球による世界初の有人気球飛行で実現する。1799年にはイギリスの工学者サー・ジョージ・ケイリーが飛行の原理を解明し、飛行機械を設計。約100年後の1903年、ご存じのようにライト兄弟によってようやく初飛行にこぎつける。

 それからわずか6年後、フランス人のルイ・ブレリオが製造した航空機が36分半で英仏海峡を横断。近代的航空機のモデルとなったその「ブレリオⅪ」は、以後、注文が殺到して900機も造られ、1914年には世界の軍用機の大半を占めていたという。

 驚くことに、ライト兄弟が約260メートルの飛行に成功してから四半世紀後の1920年代には、輸送手段として定期旅客機が登場するとともに、個人オーナー向けの航空機生産が始まり、自家用機時代に突入しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る