「世界の航空機 大図鑑」フィリップ・ホワイトマン総監修 中川泉、竹田純子訳

公開日:  更新日:

 人類が営々と築き上げてきた航空機の歴史をたどる豪華写真図鑑。

 太古から、鳥のように空を自在に飛ぶことと、それによって得られる自由を夢想してきた人類は、1783年、モンゴルフィエ兄弟がパリで製造した気球による世界初の有人気球飛行で実現する。1799年にはイギリスの工学者サー・ジョージ・ケイリーが飛行の原理を解明し、飛行機械を設計。約100年後の1903年、ご存じのようにライト兄弟によってようやく初飛行にこぎつける。

 それからわずか6年後、フランス人のルイ・ブレリオが製造した航空機が36分半で英仏海峡を横断。近代的航空機のモデルとなったその「ブレリオⅪ」は、以後、注文が殺到して900機も造られ、1914年には世界の軍用機の大半を占めていたという。

 驚くことに、ライト兄弟が約260メートルの飛行に成功してから四半世紀後の1920年代には、輸送手段として定期旅客機が登場するとともに、個人オーナー向けの航空機生産が始まり、自家用機時代に突入しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る