故郷・陸前高田の変わり果てた風景「未来をなぞる 写真家・畠山直哉」

公開日: 更新日:

 東日本大震災を記録したドキュメント類はたくさんあるが、震災経験が「美」とどう関わるのかを考えさせるものは多くない。その数少ない一例が、現在都内公開中の映画「未来をなぞる 写真家・畠山直哉」。

 現代の美術写真家の中でも特に思索的な作風で知られる写真家が、壊滅的な打撃で一変した故郷・陸前高田を幾度も訪ね、歩き、変わり果てた風景を撮る。

 その姿を追跡したドキュメンタリーだが、津波で母もろとも実家を失った写真家は、不機嫌と困惑の入り交じったような表情のまま。

 しかし、その姿を追うビデオカメラが実に素直に、被写体と適度な距離を保ちながら、50歳を過ぎて故郷を失った男のぶぜんたる姿をてらいなく捉えてみせる。

 聞けば監督は、大阪の写真学校で写真家と師弟関係にあった若手なのだそうで、道理で遠慮なく、しかし敬意を持って先生の背中を追いかけるような迫り方なのだなと合点がいった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード