インターネットの発想を先取りした老監督 ロバート・アルトマン

公開日: 更新日:

 ハリウッド映画沈滞の70年代に気炎を吐いた2人の監督のドキュメンタリー映画が相次いで公開される。先週末封切りの「サム・ペキンパー 情熱と美学」、今週末が「ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男」。実はこの2人、ともに1925年2月生まれ。しかし作風と人生は対照的。「ワイルドバンチ」のペキンパーは破滅派で会社との衝突が絶えず、離婚を繰り返したが、その破天荒ぶりが仲間を強烈に惹きつけた。「M★A★S★H」のアルトマンも下積みの長い異端児だが、カンヌ映画祭で受賞。不遇時代は欧州で製作し、家庭も円満で子どもにも恵まれた。

 ペキンパーは暴力描写の一方、男の情感にひっそり心をこめながら60歳目前で孤独に死んだが、アルトマンは「古典的ハリウッド映画」と呼ばれる昔ながらの物語叙法を無視した自在な語り口で81歳の長寿を全うした。2本が同時期公開なのは偶然だが、これは絶好の奇縁だろう。ちなみに常識的な語り口を拒んだアルトマンの手法は「ハイパーテキスト的」といわれる。

 連想をたどるように自在に他のリンク先に飛ぶインターネットの発想を先取りしたわけで、現代のコンテンツ産業を論じたフランク・ローズ「のめりこませる技術」(フィルムアート社 2200円+税)もこれを「アルトマン的」と呼んでいる。

〈生井英考〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る