親友ポランスキー監督も登場するF1レース映画「ウィークエンド・チャンピオン」

公開日:  更新日:

 F1といっても一時の人気は跡形もないが、あれはバブル期の例外事象。本当のGPファンにしてみればF1の最盛期はもっと昔の70年代。伝説のジム・クラークは既に事故死していたが、フィッツィパルディ、ヒル、アンドレッティ、そしてクラークと並ぶ「空飛ぶスコットランド人」ジャッキー・スチュワートらがひしめいたあの時代だ。

 そんな当時の、華やかでどこかうたかたな姿を印象的に伝えるのが、都内で公開中の映画「ウィークエンド・チャンピオン」だ。

 面白いのはスチュワートの親友で映画監督のロマン・ポランスキーが個人的に撮った71年モナコGPの記録映像をちりばめつつ、40年後の現在、ともに老いたる2人が再びモナコでコースを走り、思い出を語るという二重の仕掛けになっていること。おかげで単なるレース映画に限らない、何か不思議にロマンチックな佳品になっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る