親友ポランスキー監督も登場するF1レース映画「ウィークエンド・チャンピオン」

公開日:  更新日:

 F1といっても一時の人気は跡形もないが、あれはバブル期の例外事象。本当のGPファンにしてみればF1の最盛期はもっと昔の70年代。伝説のジム・クラークは既に事故死していたが、フィッツィパルディ、ヒル、アンドレッティ、そしてクラークと並ぶ「空飛ぶスコットランド人」ジャッキー・スチュワートらがひしめいたあの時代だ。

 そんな当時の、華やかでどこかうたかたな姿を印象的に伝えるのが、都内で公開中の映画「ウィークエンド・チャンピオン」だ。

 面白いのはスチュワートの親友で映画監督のロマン・ポランスキーが個人的に撮った71年モナコGPの記録映像をちりばめつつ、40年後の現在、ともに老いたる2人が再びモナコでコースを走り、思い出を語るという二重の仕掛けになっていること。おかげで単なるレース映画に限らない、何か不思議にロマンチックな佳品になっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る