日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

親友ポランスキー監督も登場するF1レース映画「ウィークエンド・チャンピオン」

 F1といっても一時の人気は跡形もないが、あれはバブル期の例外事象。本当のGPファンにしてみればF1の最盛期はもっと昔の70年代。伝説のジム・クラークは既に事故死していたが、フィッツィパルディ、ヒル、アンドレッティ、そしてクラークと並ぶ「空飛ぶスコットランド人」ジャッキー・スチュワートらがひしめいたあの時代だ。

 そんな当時の、華やかでどこかうたかたな姿を印象的に伝えるのが、都内で公開中の映画「ウィークエンド・チャンピオン」だ。

 面白いのはスチュワートの親友で映画監督のロマン・ポランスキーが個人的に撮った71年モナコGPの記録映像をちりばめつつ、40年後の現在、ともに老いたる2人が再びモナコでコースを走り、思い出を語るという二重の仕掛けになっていること。おかげで単なるレース映画に限らない、何か不思議にロマンチックな佳品になっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事