北アイルランドの首都で英軍兵士のサバイバル劇「ベルファスト71」

公開日: 更新日:

 いまの若者たちにはキョトンとされるだろうが、かつて「テロリスト」という言葉にどこかロマンチックな響きのある時代があった。

 それが変化し始めたのが72年のミュンヘン五輪あたり。その後、一般市民を巻き込む爆弾テロが一般化するにつれ「テロリスト」はみるみる「粗暴な狂信者」じみたものへと急変し、9.11を経て現在に至るのだ。

 現在、都内公開中の「ベルファスト71」はこんな古い記憶を図らずも思い出させる興味深い快作。

 題名からわかるように舞台は1971年の北アイルランドの首都ベルファスト。爆弾テロで有名なIRAの本拠地に配属された若い英軍兵士が、地元住民との偶然の小ぜりあいでライフルを奪われ、仲間に置き去りにされたまま町中を逃げ回る羽目になる。れんが造りの狭苦しい路地を逃げ回る主人公の息苦しいサバイバル劇。それはベトナムのジャングルで恐怖にさいなまれた同時代の兵士の姿に通じる一方、テロが当たり前になってしまった現代に生きる人間たちの形容しがたい不安と恐怖の心情をも表しているかのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る