北アイルランドの首都で英軍兵士のサバイバル劇「ベルファスト71」

公開日:  更新日:

 いまの若者たちにはキョトンとされるだろうが、かつて「テロリスト」という言葉にどこかロマンチックな響きのある時代があった。

 それが変化し始めたのが72年のミュンヘン五輪あたり。その後、一般市民を巻き込む爆弾テロが一般化するにつれ「テロリスト」はみるみる「粗暴な狂信者」じみたものへと急変し、9.11を経て現在に至るのだ。

 現在、都内公開中の「ベルファスト71」はこんな古い記憶を図らずも思い出させる興味深い快作。

 題名からわかるように舞台は1971年の北アイルランドの首都ベルファスト。爆弾テロで有名なIRAの本拠地に配属された若い英軍兵士が、地元住民との偶然の小ぜりあいでライフルを奪われ、仲間に置き去りにされたまま町中を逃げ回る羽目になる。れんが造りの狭苦しい路地を逃げ回る主人公の息苦しいサバイバル劇。それはベトナムのジャングルで恐怖にさいなまれた同時代の兵士の姿に通じる一方、テロが当たり前になってしまった現代に生きる人間たちの形容しがたい不安と恐怖の心情をも表しているかのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る