男が極める食の道編

公開日:  更新日:

「料理ができる男は無敵である」福本陽子著

「男子厨房に入らず」といわれたのは、もはや昔の話。提供されたものをただ口に運ぶような燃料補給と化した無味乾燥な食事は、確実に男をダメにする。ならば生きている限り行う「食」の喜びを、もっと能動的に味わい尽くそう。そこで今回は「男が極める食の道」をテーマに4冊ご紹介。

 速水もこみちがTVのワンコーナー「MOCO’S)キッチン」で手料理を披露し始めたあたりから、料理ができる男のモテ度が高くなってきた。定年を迎えた団塊世代やイクメンを自称する育児パパ、右肩下がりの経済状況に手弁当で自衛する弁当男子など、昨今では多くの男が台所へ参入する状況になっている。

 こうした男たちに料理の効能を説きつつ、実践へと導くのが、福本陽子著「料理ができる男は無敵である」(サンマーク出版 1400円+税)だ。

 男性料理教室「メンズキッチン」で20~70代の生徒を指導する著者によれば、男性が料理をすることによって磨かれるスキルは4つある。それは、どんな素材を使っていつまでに何を何人分作るのかという「目標設定力」、相手が食べたいものを察して用意する「感受性」、同じメニューでも微妙に味が変わる料理のちょうどよいあんばいを探る「柔軟性」、好奇心全開にして新しいレシピやうまい味に挑戦する「ポジティブ力」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る