春画鑑賞がもっと楽しくなる本特集

公開日: 更新日:

性器が誇張して描かれている理由に迫る最新入門書

 今秋「春画」が沸いている。元首相の細川護煕氏が理事長を務める永青文庫(文京区)で、日本初の春画展を開催しているからだ。春画のグラビア掲載を巡り、「週刊文春」編集長が3カ月休養の処分を受けるなど、巷でも話題沸騰。わいせつか芸術か、の論争はさておき、春画を慈しみ、いとおしむための本をいくつか紹介しよう。

 日本人は根っからのスケベである。カラッと笑い飛ばす、あけすけな性もあれば、オールラウンドな変態性欲を謳歌する自由な精神もある。その証拠が江戸時代に隆盛を極めた「春画」である。今、にわかに注目されている春画の入門編として薦めたいのが車浮代著「春画入門」(文藝春秋 900円+税)だ。

 浮世絵の発祥、多色刷りの技法から春画の成り立ちまで、素人でもわかりやすいよう詳細な解説を展開している。「そんな教科書的なことはさておき」と思うなかれ。素人が最も気になるお題に切り込んでいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  9. 9

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る