ニセ科学を見破ろう編

公開日: 更新日:

 日本人科学者がノーベル賞を受賞して、日本人としてはちょっと鼻が高いが、その半面、巷ではSTAP細胞騒動やマイナスイオンのような胡乱な科学も横行している。そんなニセ科学に惑わされないよう、科学の世界のウラ事情をつかんでおこう。

 国際的な科学雑誌「ネイチャー」に掲載されたSTAP細胞の論文が実は偽データに基づいて書かれたものだったと判明したときは、みんな目が点になった。なんたって国立理化学研究所の研究員の論文なのだから、当然、内部で検証がされていると思っていたのに、そうではなかったらしい。

 このあたりの〈からくり〉について鋭い視線を向けているのが谷岡一郎著「科学研究とデータのからくり」(PHP研究所 780円+税)だ。

 研究者だって、功名心満々の人間はいる。そんなやからの不正を防ぐために、ちゃんとハードルが設けられている。①研究費を支給するかどうかを決めるために研究計画を審査する「ピアレビュー」、②完成した論文を読んで雑誌などに掲載するに値するかどうかを判断する「査読」といったステップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る