• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ニセ科学を見破ろう編

 日本人科学者がノーベル賞を受賞して、日本人としてはちょっと鼻が高いが、その半面、巷ではSTAP細胞騒動やマイナスイオンのような胡乱な科学も横行している。そんなニセ科学に惑わされないよう、科学の世界のウラ事情をつかんでおこう。

 国際的な科学雑誌「ネイチャー」に掲載されたSTAP細胞の論文が実は偽データに基づいて書かれたものだったと判明したときは、みんな目が点になった。なんたって国立理化学研究所の研究員の論文なのだから、当然、内部で検証がされていると思っていたのに、そうではなかったらしい。

 このあたりの〈からくり〉について鋭い視線を向けているのが谷岡一郎著「科学研究とデータのからくり」(PHP研究所 780円+税)だ。

 研究者だって、功名心満々の人間はいる。そんなやからの不正を防ぐために、ちゃんとハードルが設けられている。①研究費を支給するかどうかを決めるために研究計画を審査する「ピアレビュー」、②完成した論文を読んで雑誌などに掲載するに値するかどうかを判断する「査読」といったステップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る