• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ニセ科学を見破ろう編

 日本人科学者がノーベル賞を受賞して、日本人としてはちょっと鼻が高いが、その半面、巷ではSTAP細胞騒動やマイナスイオンのような胡乱な科学も横行している。そんなニセ科学に惑わされないよう、科学の世界のウラ事情をつかんでおこう。

 国際的な科学雑誌「ネイチャー」に掲載されたSTAP細胞の論文が実は偽データに基づいて書かれたものだったと判明したときは、みんな目が点になった。なんたって国立理化学研究所の研究員の論文なのだから、当然、内部で検証がされていると思っていたのに、そうではなかったらしい。

 このあたりの〈からくり〉について鋭い視線を向けているのが谷岡一郎著「科学研究とデータのからくり」(PHP研究所 780円+税)だ。

 研究者だって、功名心満々の人間はいる。そんなやからの不正を防ぐために、ちゃんとハードルが設けられている。①研究費を支給するかどうかを決めるために研究計画を審査する「ピアレビュー」、②完成した論文を読んで雑誌などに掲載するに値するかどうかを判断する「査読」といったステップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る