• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「二十世紀酒場 一 東京・さすらい一人酒」多田欣也著

 お世辞にもうまいとは言えない、しかしなんとも味のある手書きの絵と文字。だからこそ酒場の飾らない雰囲気と脱力感が伝わってくる。都内の酒場を飲み歩いた筆者(職業はガーデンデザイナー)によるイラストエッセー本である。

 老舗名店、立ち飲み、大衆食堂はもちろんのこと、角打ち(酒販売店で飲める店)情報にも詳しい。さらには肉屋・魚屋・総菜屋・かまぼこ屋で「飲める店」も。小岩・新小岩・立石周辺が飲んべえの聖地であることは間違いないようだ。

 したり顔でうんちく傾けるでもなく、酒場のマナーと情緒を控えめにつづる著者。彼が酒場の世界遺産に選んだという新小岩の「大林」や小岩の「銚子屋」などは、すぐにでも繰り出したくなる。

(旅と思索社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る