日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「女優A」越智月子著

 50年前、理由も語らず突然引退した銀幕の大スター・淸宮朝子が再ブレーク。引退後、表舞台には一度も姿を現していない朝子の行方を追うドキュメンタリー番組が制作されることになった。ナビゲーターに起用されたのは、朝子を大伯母に持つ売れない女優の凜子だった。凜子の母親・祥子もアドバイザーとして番組制作に携わる。養女として、幼いころ、朝子の屋敷で暮らしていた祥子は、中学生のとき、祖母から本当の母親が朝子だと教えられる。事実を知るプロデューサーの島津から、番組内でそのことを明かすよう迫られた祥子だが、返事を保留する。

 伝説の大女優の人生に秘められた闇と、母子孫3代の女の葛藤を描くエンターテインメント。

(小学館 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事