「総理にされた男」中山七里著

公開日:  更新日:

 売れない舞台役者の加納慎策は、今をときめく総理大臣の真垣統一郎と声も姿もうり二つで、その物まねはひそかに話題になっていた。そこへ突然2人の男が現れ、慎策を拉致。行く先は首相官邸で、待ち受けていたのは官房長官の樽見だった。実は、真垣総理は重篤の病にかかっていて予断を許さない状況だという。

 発足間もない真垣政権にとって政治的空白をつくることは致命的。動画サイトで慎策の物まねを見た樽見は、慎策に総理の影武者をやらせることを思いついたのだという。この突拍子もない申し出に面食らうが、将来の保証を約された慎策は引き受けることに。慎策の友人の政治学者・風間を知恵袋として極秘プロジェクトがスタートする……。

 なんとも荒唐無稽な設定だが、背景は現在の日本の政治状況がほぼ忠実になぞらえられており、政治家たちの生態、法案の成立過程などがリアルに描かれていく。原発問題、官僚の人事権、自衛隊の海外邦人救出活動などアクチュアルな事柄も取り上げ、問題提起をする、エンターテインメントな政治小説。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る