• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「総理にされた男」中山七里著

 売れない舞台役者の加納慎策は、今をときめく総理大臣の真垣統一郎と声も姿もうり二つで、その物まねはひそかに話題になっていた。そこへ突然2人の男が現れ、慎策を拉致。行く先は首相官邸で、待ち受けていたのは官房長官の樽見だった。実は、真垣総理は重篤の病にかかっていて予断を許さない状況だという。

 発足間もない真垣政権にとって政治的空白をつくることは致命的。動画サイトで慎策の物まねを見た樽見は、慎策に総理の影武者をやらせることを思いついたのだという。この突拍子もない申し出に面食らうが、将来の保証を約された慎策は引き受けることに。慎策の友人の政治学者・風間を知恵袋として極秘プロジェクトがスタートする……。

 なんとも荒唐無稽な設定だが、背景は現在の日本の政治状況がほぼ忠実になぞらえられており、政治家たちの生態、法案の成立過程などがリアルに描かれていく。原発問題、官僚の人事権、自衛隊の海外邦人救出活動などアクチュアルな事柄も取り上げ、問題提起をする、エンターテインメントな政治小説。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る