「総理にされた男」中山七里著

公開日: 更新日:

 売れない舞台役者の加納慎策は、今をときめく総理大臣の真垣統一郎と声も姿もうり二つで、その物まねはひそかに話題になっていた。そこへ突然2人の男が現れ、慎策を拉致。行く先は首相官邸で、待ち受けていたのは官房長官の樽見だった。実は、真垣総理は重篤の病にかかっていて予断を許さない状況だという。

 発足間もない真垣政権にとって政治的空白をつくることは致命的。動画サイトで慎策の物まねを見た樽見は、慎策に総理の影武者をやらせることを思いついたのだという。この突拍子もない申し出に面食らうが、将来の保証を約された慎策は引き受けることに。慎策の友人の政治学者・風間を知恵袋として極秘プロジェクトがスタートする……。

 なんとも荒唐無稽な設定だが、背景は現在の日本の政治状況がほぼ忠実になぞらえられており、政治家たちの生態、法案の成立過程などがリアルに描かれていく。原発問題、官僚の人事権、自衛隊の海外邦人救出活動などアクチュアルな事柄も取り上げ、問題提起をする、エンターテインメントな政治小説。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る