「霧」桜木紫乃氏

公開日: 更新日:

 直木賞受賞後、初の長編小説となる最新作は、3姉妹の愛憎を軸に据えた桜木版「宋家の三姉妹」ともいうべき、エンターテインメント小説。北海道最東端、ロシアとの“国境の町”根室を舞台に、自分の力で居場所を見つけていく女たちの物語だ。

「これまで北海道を舞台にした作品を書いてきましたが、国境のある町を舞台にしたのは初めてです。物語に出てくる野付半島で見た霧はすごく重くて、その景色はまるで“この世にあるあの世”のようでした。そんな濃い霧で先が見えない中で極道の姐になっていく珠生の姿と取り巻く人々との関係を描きました」

 時は昭和30年代。戦前から水産業を営む河之辺社長には3人の娘がいた。その次女・珠生は生家の世間体大事を嫌い、15歳で芸者になったはねっかえり。そんな珠生が惚れたのが、「育ての親」に代わり刑務所に入る相羽重之だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

  10. 10

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

もっと見る