• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「戦後史入門」成田龍一著

 歴史とは過去のたくさんの出来事から、ある出来事を抜き出し、別の出来事と結びつけて説明することだと著者は言う。本書は、身近な戦後史を題材に「歴史とは何か」という深遠なテーマについて考察した入門書。

 戦後の始まりは1945年8月15日だが、では戦争が始まったのはいつか。さらに戦争を語るとき、「大東亜戦争」や「太平洋戦争」など、時代によって習った呼び名も異なるのはなぜか。そして「敗戦」なのか「終戦」なのか。視点や立場が変われば、歴史の中の出来事の呼び方が変わってくることを解説。その後の占領下での非軍事化や民主化に始まり、日本がどのように復興してきたかをたどる。日米関係や沖縄の視点から見た戦後など「今」を考えるための最適の参考書。

(河出書房新社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る