「戦後史入門」成田龍一著

公開日: 更新日:

 歴史とは過去のたくさんの出来事から、ある出来事を抜き出し、別の出来事と結びつけて説明することだと著者は言う。本書は、身近な戦後史を題材に「歴史とは何か」という深遠なテーマについて考察した入門書。

 戦後の始まりは1945年8月15日だが、では戦争が始まったのはいつか。さらに戦争を語るとき、「大東亜戦争」や「太平洋戦争」など、時代によって習った呼び名も異なるのはなぜか。そして「敗戦」なのか「終戦」なのか。視点や立場が変われば、歴史の中の出来事の呼び方が変わってくることを解説。その後の占領下での非軍事化や民主化に始まり、日本がどのように復興してきたかをたどる。日米関係や沖縄の視点から見た戦後など「今」を考えるための最適の参考書。

(河出書房新社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る

人気キーワード