「戦後史入門」成田龍一著

公開日:  更新日:

 歴史とは過去のたくさんの出来事から、ある出来事を抜き出し、別の出来事と結びつけて説明することだと著者は言う。本書は、身近な戦後史を題材に「歴史とは何か」という深遠なテーマについて考察した入門書。

 戦後の始まりは1945年8月15日だが、では戦争が始まったのはいつか。さらに戦争を語るとき、「大東亜戦争」や「太平洋戦争」など、時代によって習った呼び名も異なるのはなぜか。そして「敗戦」なのか「終戦」なのか。視点や立場が変われば、歴史の中の出来事の呼び方が変わってくることを解説。その後の占領下での非軍事化や民主化に始まり、日本がどのように復興してきたかをたどる。日米関係や沖縄の視点から見た戦後など「今」を考えるための最適の参考書。

(河出書房新社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る