「ドローンの衝撃」河鐘基氏

公開日: 更新日:

 無人飛行機「ドローン」といえば、首相官邸への墜落事件などの影響で“迷惑なもの”と認知している人も多い。しかし世界に目を向けると、ドローン活用の場は多岐にわたり、20年後の世界市場は約11兆円に達するという予測もある。

「エンターテインメントだけでなく、農業や防犯、災害救助など、ドローンが活躍する分野は着実に広がっています。新しいテクノロジーにマイナスイメージばかりを持つのではなく、メリットとデメリットの両方を見極める必要があるのではないでしょうか」

 著者は、国内外のドローントップ企業を取材。現在、プロ向けの商用ドローンで世界をリードしているのは、カナダのAeryon社で、ホビー用ドローンで存在感を示しているのは、中国のDJI社だという。

「カナダでは警察の多くでAeryon社のドローンが導入され、インフラ点検などで活躍しています。また、先ごろのネパール地震をはじめ、国連の災害支援でも同社のドローンが用いられている。政府によるバックアップもあり、超高額ですが超高性能の問題解決型ドローンが実用化されています。中国のDJI社製ドローンは、世界シェア7割を占めるといわれ、日本の空撮ファンがこぞって購入しているのも同社の『ファントム』シリーズ。DJI社は近年、商用ドローンの分野でも成長しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る