「ドローンの衝撃」河鐘基氏

公開日:  更新日:

 無人飛行機「ドローン」といえば、首相官邸への墜落事件などの影響で“迷惑なもの”と認知している人も多い。しかし世界に目を向けると、ドローン活用の場は多岐にわたり、20年後の世界市場は約11兆円に達するという予測もある。

「エンターテインメントだけでなく、農業や防犯、災害救助など、ドローンが活躍する分野は着実に広がっています。新しいテクノロジーにマイナスイメージばかりを持つのではなく、メリットとデメリットの両方を見極める必要があるのではないでしょうか」

 著者は、国内外のドローントップ企業を取材。現在、プロ向けの商用ドローンで世界をリードしているのは、カナダのAeryon社で、ホビー用ドローンで存在感を示しているのは、中国のDJI社だという。

「カナダでは警察の多くでAeryon社のドローンが導入され、インフラ点検などで活躍しています。また、先ごろのネパール地震をはじめ、国連の災害支援でも同社のドローンが用いられている。政府によるバックアップもあり、超高額ですが超高性能の問題解決型ドローンが実用化されています。中国のDJI社製ドローンは、世界シェア7割を占めるといわれ、日本の空撮ファンがこぞって購入しているのも同社の『ファントム』シリーズ。DJI社は近年、商用ドローンの分野でも成長しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る