「この温泉で10年寿命が延びる!」野口冬人、竹村節子著

公開日: 更新日:

 年を取っても病気知らずでいたいが、運動は苦手だしおいしいものを食べるのを我慢するのもつらい……。そんなあなたにお勧めしたいのが、温泉の活用だ。日本で古くから行われてきた湯治の効果は現代医学でも解明され、さまざまな体調不良に効果を発揮することが分かってきた。本書では、北海道から九州まで、ゆっくりと湯治できる温泉を、糖尿病、痛風、動脈硬化など効能別に紹介している。

 塩分を控えてもなかなか改善しない高血圧に悩まされているなら、栃木県那須塩原市にある板室温泉の「大黒屋」がいい。36.6度と43.9度の2種類の源泉を混ぜて使用しており、ぬる湯が特徴。30~40分も入浴し続けられ、副交感神経を刺激して血圧と脈拍の上昇抑制が期待できるそうだ。

(実業之日本社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード