• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「この温泉で10年寿命が延びる!」野口冬人、竹村節子著

 年を取っても病気知らずでいたいが、運動は苦手だしおいしいものを食べるのを我慢するのもつらい……。そんなあなたにお勧めしたいのが、温泉の活用だ。日本で古くから行われてきた湯治の効果は現代医学でも解明され、さまざまな体調不良に効果を発揮することが分かってきた。本書では、北海道から九州まで、ゆっくりと湯治できる温泉を、糖尿病、痛風、動脈硬化など効能別に紹介している。

 塩分を控えてもなかなか改善しない高血圧に悩まされているなら、栃木県那須塩原市にある板室温泉の「大黒屋」がいい。36.6度と43.9度の2種類の源泉を混ぜて使用しており、ぬる湯が特徴。30~40分も入浴し続けられ、副交感神経を刺激して血圧と脈拍の上昇抑制が期待できるそうだ。

(実業之日本社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る