「この温泉で10年寿命が延びる!」野口冬人、竹村節子著

公開日:  更新日:

 年を取っても病気知らずでいたいが、運動は苦手だしおいしいものを食べるのを我慢するのもつらい……。そんなあなたにお勧めしたいのが、温泉の活用だ。日本で古くから行われてきた湯治の効果は現代医学でも解明され、さまざまな体調不良に効果を発揮することが分かってきた。本書では、北海道から九州まで、ゆっくりと湯治できる温泉を、糖尿病、痛風、動脈硬化など効能別に紹介している。

 塩分を控えてもなかなか改善しない高血圧に悩まされているなら、栃木県那須塩原市にある板室温泉の「大黒屋」がいい。36.6度と43.9度の2種類の源泉を混ぜて使用しており、ぬる湯が特徴。30~40分も入浴し続けられ、副交感神経を刺激して血圧と脈拍の上昇抑制が期待できるそうだ。

(実業之日本社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る