「この温泉で10年寿命が延びる!」野口冬人、竹村節子著

公開日:  更新日:

 年を取っても病気知らずでいたいが、運動は苦手だしおいしいものを食べるのを我慢するのもつらい……。そんなあなたにお勧めしたいのが、温泉の活用だ。日本で古くから行われてきた湯治の効果は現代医学でも解明され、さまざまな体調不良に効果を発揮することが分かってきた。本書では、北海道から九州まで、ゆっくりと湯治できる温泉を、糖尿病、痛風、動脈硬化など効能別に紹介している。

 塩分を控えてもなかなか改善しない高血圧に悩まされているなら、栃木県那須塩原市にある板室温泉の「大黒屋」がいい。36.6度と43.9度の2種類の源泉を混ぜて使用しており、ぬる湯が特徴。30~40分も入浴し続けられ、副交感神経を刺激して血圧と脈拍の上昇抑制が期待できるそうだ。

(実業之日本社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る