「知られざる色覚異常の真実」市川一夫著

公開日:  更新日:

 色覚異常は先天的なものだと思われがちだが、加齢に伴って起こるものもある。年齢を重ねると無色透明の水晶体が黄色みがかってくる場合があり、人によって度合いは違うが、ビール瓶のような濃い茶色になるケースもあるという。

 時間をかけてゆっくりと進行するため気づかれにくいが、加齢による色覚異常は命を脅かす危険もはらむ。高齢者の火災事故にはガスの炎が袖などに燃え移る「着衣着火」が原因のひとつに挙げられるが、色覚異常が一因である場合も多いと本書は指摘する。色覚異常の高齢者には青白い色の炎が見えにくく、実際の大きさより小さく見えてしまうため、自分と炎の距離を適切にとりにくいのだ。

 照明の工夫など、見えにくさのリスクを低減する方法も紹介する。(幻冬舎 1200円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る