「知られざる色覚異常の真実」市川一夫著

公開日: 更新日:

 色覚異常は先天的なものだと思われがちだが、加齢に伴って起こるものもある。年齢を重ねると無色透明の水晶体が黄色みがかってくる場合があり、人によって度合いは違うが、ビール瓶のような濃い茶色になるケースもあるという。

 時間をかけてゆっくりと進行するため気づかれにくいが、加齢による色覚異常は命を脅かす危険もはらむ。高齢者の火災事故にはガスの炎が袖などに燃え移る「着衣着火」が原因のひとつに挙げられるが、色覚異常が一因である場合も多いと本書は指摘する。色覚異常の高齢者には青白い色の炎が見えにくく、実際の大きさより小さく見えてしまうため、自分と炎の距離を適切にとりにくいのだ。

 照明の工夫など、見えにくさのリスクを低減する方法も紹介する。(幻冬舎 1200円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る