• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「国立がんセンターでなぜガンは治らない?」前田洋平著

 多くの人が日本のがん治療の最高峰と考える国立がんセンター。しかし本当の姿は、国からの補助金漬けのずさんな経営体質や、“がん難民製造工場”と揶揄される不適切な診療体制などの問題が山積みで、2010年までには668億円という巨額の赤字を抱えていた。

 このような状況を変えるため、地方の国立大医学部の医師であった嘉山孝正氏が理事長となり、大胆な改革を実行。組織や人事、そして業者との関係も見直し、1年で黒字を達成するという成果を挙げていた。ところが、嘉山氏は理事長の2期目に再任されることはなかった。改革をつぶしたのは、既得権を守ろうとする厚労省と、安倍政権の思惑だった……。

 日本の医療が抱える闇を、白日の下にさらすルポだ。(文藝春秋 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る