「国立がんセンターでなぜガンは治らない?」前田洋平著

公開日:  更新日:

 多くの人が日本のがん治療の最高峰と考える国立がんセンター。しかし本当の姿は、国からの補助金漬けのずさんな経営体質や、“がん難民製造工場”と揶揄される不適切な診療体制などの問題が山積みで、2010年までには668億円という巨額の赤字を抱えていた。

 このような状況を変えるため、地方の国立大医学部の医師であった嘉山孝正氏が理事長となり、大胆な改革を実行。組織や人事、そして業者との関係も見直し、1年で黒字を達成するという成果を挙げていた。ところが、嘉山氏は理事長の2期目に再任されることはなかった。改革をつぶしたのは、既得権を守ろうとする厚労省と、安倍政権の思惑だった……。

 日本の医療が抱える闇を、白日の下にさらすルポだ。(文藝春秋 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る