「病気の9割は歩くだけで治る!」長尾和宏著

公開日:  更新日:

“歩くことは健康にいい”という漠然としたイメージから一歩進み、どんな病気がどのように予防改善されるのかを明らかにしていく。

 例えばうつ病は、脳内のセロトニンやノルアドレナリンなどのホルモン不足がうつ病の原因といわれるが、この分泌量を手っ取り早く増やすのが歩くこと。うつ病患者は歩くことすらつらいが、その場合は“歩くため”に抗うつ剤を用いるといい。最低3カ月間歩く運動を続ければ、うつの症状は必ず快方に向かう。

 逆流性食道炎にも歩くことが有効だ。胃を支配下に置く自律神経は、歩くことで活性化され、胃の動きを整えて胃液などの逆流を防ぐ効果をもたらす。正しく効果的な歩き方のコツも伝授。

 薬にばかり頼らず、まず歩いてみては?(山と溪谷社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る