• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「病気の9割は歩くだけで治る!」長尾和宏著

“歩くことは健康にいい”という漠然としたイメージから一歩進み、どんな病気がどのように予防改善されるのかを明らかにしていく。

 例えばうつ病は、脳内のセロトニンやノルアドレナリンなどのホルモン不足がうつ病の原因といわれるが、この分泌量を手っ取り早く増やすのが歩くこと。うつ病患者は歩くことすらつらいが、その場合は“歩くため”に抗うつ剤を用いるといい。最低3カ月間歩く運動を続ければ、うつの症状は必ず快方に向かう。

 逆流性食道炎にも歩くことが有効だ。胃を支配下に置く自律神経は、歩くことで活性化され、胃の動きを整えて胃液などの逆流を防ぐ効果をもたらす。正しく効果的な歩き方のコツも伝授。

 薬にばかり頼らず、まず歩いてみては?(山と溪谷社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る