「介護ストレスをゼロにする10の思考法」深澤昭彦著

公開日: 更新日:

 老いていく親や配偶者を介護するとき、それまでのコミュニケーションが通用すると考えてはいけない。かつての延長上で思いを交わし合えると思ってしまうと、日々それがかなわぬことを思い知らされ、大きなストレスとなる。本書は、介護に向き合う際の心構えを説き、ストレスをなくす思考法を伝授している。

 まず第1に「治してあげたい」と思わないこと。家族の体調が悪いなら良くなってほしいと思うのは当然だが、介護に関してはこうした“一生懸命さ”が、介護する人にも、される人にもストレスになる。

「~してあげる」という発想は、ある種自分本位の考え方と理解し、介護される側が「やりたい」と思うことに手を貸すぐらいの意識で臨むことが、双方にとって望ましいという。(幻冬舎 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る