「介護ストレスをゼロにする10の思考法」深澤昭彦著

公開日: 更新日:

 老いていく親や配偶者を介護するとき、それまでのコミュニケーションが通用すると考えてはいけない。かつての延長上で思いを交わし合えると思ってしまうと、日々それがかなわぬことを思い知らされ、大きなストレスとなる。本書は、介護に向き合う際の心構えを説き、ストレスをなくす思考法を伝授している。

 まず第1に「治してあげたい」と思わないこと。家族の体調が悪いなら良くなってほしいと思うのは当然だが、介護に関してはこうした“一生懸命さ”が、介護する人にも、される人にもストレスになる。

「~してあげる」という発想は、ある種自分本位の考え方と理解し、介護される側が「やりたい」と思うことに手を貸すぐらいの意識で臨むことが、双方にとって望ましいという。(幻冬舎 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

もっと見る