「ポンコツ探偵の名推理」滝田務雄著

公開日:  更新日:

 八房文次郎は腕利きの刑事だったが、大物政治家・久丸の脱税事件捜査で3年前、警察を辞めさせられた。

 すっかり落ち込んでいた八房に、皮肉にも久丸と再会する機会がめぐってきた。

 元部下の鍋島眞子の恋人が登録している探偵の派遣組織〈3D〉に久丸からの依頼があり、それを担当することになった恋人を守ってほしいというのだ。しかたなく出向いた久丸の屋敷で顔を合わせたその恋人というのは、なんと八房がかつて逮捕した少年スリの、鉄鼠のダンジョーだった。(「ポンコツ探偵、吠える」)

 元刑事と元スリのコンビが活躍するユーモアミステリー5編。(幻冬舎 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る