「ポンコツ探偵の名推理」滝田務雄著

公開日: 更新日:

 八房文次郎は腕利きの刑事だったが、大物政治家・久丸の脱税事件捜査で3年前、警察を辞めさせられた。

 すっかり落ち込んでいた八房に、皮肉にも久丸と再会する機会がめぐってきた。

 元部下の鍋島眞子の恋人が登録している探偵の派遣組織〈3D〉に久丸からの依頼があり、それを担当することになった恋人を守ってほしいというのだ。しかたなく出向いた久丸の屋敷で顔を合わせたその恋人というのは、なんと八房がかつて逮捕した少年スリの、鉄鼠のダンジョーだった。(「ポンコツ探偵、吠える」)

 元刑事と元スリのコンビが活躍するユーモアミステリー5編。(幻冬舎 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る