• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ポンコツ探偵の名推理」滝田務雄著

 八房文次郎は腕利きの刑事だったが、大物政治家・久丸の脱税事件捜査で3年前、警察を辞めさせられた。

 すっかり落ち込んでいた八房に、皮肉にも久丸と再会する機会がめぐってきた。

 元部下の鍋島眞子の恋人が登録している探偵の派遣組織〈3D〉に久丸からの依頼があり、それを担当することになった恋人を守ってほしいというのだ。しかたなく出向いた久丸の屋敷で顔を合わせたその恋人というのは、なんと八房がかつて逮捕した少年スリの、鉄鼠のダンジョーだった。(「ポンコツ探偵、吠える」)

 元刑事と元スリのコンビが活躍するユーモアミステリー5編。(幻冬舎 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る