自民党のメディアコントロールは巧妙だ

公開日: 更新日:

「メディアと自民党」西田亮介著 /角川新書

 政府を批判する人が、メディアから確実に姿を消している。報道ステーションの古舘伊知郎氏がMCを降板し、ニュース23も岸井成格氏がアンカーを降板する。リベラル派のコメンテーターも、ほとんど消えてしまった。

 私は、こうした変化が起きている原因は、消費者のニーズが変化したからだと考えていた。テレビ局も商売だから、もし視聴率が取れるなら、多少の批判があっても、必要な人を使うからだ。

 ただ、本書を読んで考えが変わった。自民党は、国民の意識を変えるようにメディアをコントロールしているのではないかと思うようになったのだ。

 しかも、そのコントロールの仕方は戦前のプロパガンダのようにウソを並べるのではなく、法令に違反するのでもない。実に巧妙に、メディアが「自主規制」をするように追い込んでいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る

人気キーワード