• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自民党のメディアコントロールは巧妙だ

「メディアと自民党」西田亮介著 /角川新書

 政府を批判する人が、メディアから確実に姿を消している。報道ステーションの古舘伊知郎氏がMCを降板し、ニュース23も岸井成格氏がアンカーを降板する。リベラル派のコメンテーターも、ほとんど消えてしまった。

 私は、こうした変化が起きている原因は、消費者のニーズが変化したからだと考えていた。テレビ局も商売だから、もし視聴率が取れるなら、多少の批判があっても、必要な人を使うからだ。

 ただ、本書を読んで考えが変わった。自民党は、国民の意識を変えるようにメディアをコントロールしているのではないかと思うようになったのだ。

 しかも、そのコントロールの仕方は戦前のプロパガンダのようにウソを並べるのではなく、法令に違反するのでもない。実に巧妙に、メディアが「自主規制」をするように追い込んでいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る