• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「大地の五億年」藤井一至著

 土と生物の5億年にも及ぶ歩みを追ったサイエンス・ノンフィクション。

 土は植物が存在する地球のみにある。5億年前、藻類を先祖に持つコケが長い進化の末に陸に上がることに成功。コケと、カビと藻類が合体した地衣類は岩石にへばりつき、栄養分を吸収するため酸性物質を出して溶かす。その溶かされた栄養分が残存し、砂や粘土に。コケや地衣類の遺骸と共にまじりあったものが地球に最初に現れた土だという。カナダにはこの地球最初の土を観察できる場所があるという。

 生き物を育み、同時に生き物が育んできた土は、多くの生き物たちの痕跡が眠る墓標でもある。土をめぐる生き物たちの攻防を解説しながら、温暖化や砂漠化など、土を取り巻く現代の問題にまで目を向ける。(山と溪谷社 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る