「大地の五億年」藤井一至著

公開日: 更新日:

 土と生物の5億年にも及ぶ歩みを追ったサイエンス・ノンフィクション。

 土は植物が存在する地球のみにある。5億年前、藻類を先祖に持つコケが長い進化の末に陸に上がることに成功。コケと、カビと藻類が合体した地衣類は岩石にへばりつき、栄養分を吸収するため酸性物質を出して溶かす。その溶かされた栄養分が残存し、砂や粘土に。コケや地衣類の遺骸と共にまじりあったものが地球に最初に現れた土だという。カナダにはこの地球最初の土を観察できる場所があるという。

 生き物を育み、同時に生き物が育んできた土は、多くの生き物たちの痕跡が眠る墓標でもある。土をめぐる生き物たちの攻防を解説しながら、温暖化や砂漠化など、土を取り巻く現代の問題にまで目を向ける。(山と溪谷社 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る