「ヤマザキマリのリスボン日記」ヤマザキマリ著

公開日:  更新日:

 世界各地を転々としてきた人気漫画家がポルトガル・リスボンでの暮らしをつづった日記。

 2002年に結婚後、仕事の関係でシリアを拠点としていたイタリア人夫と別居してきた著者は、04年に一家でリスボンに移住。引っ越し早々にイタリアから来襲した舅と姑との攻防、忘れたころに届いた日本からの荷物から出てきたガラクタとの格闘、そして単調な食生活ゆえかコンビニを満喫する夢に悩まされたり、日本から押しかけてきたオバサン軍団の旅にツアーコンダクター役として同行するなど、懐かしい昭和の日本の空気が感じられるリスボンでの暮らしを点描。

 あの「テルマエ・ロマエ」発想の発端もこの地だという著者の創作の源に触れる。(朝日新聞出版 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る