「ヤマザキマリのリスボン日記」ヤマザキマリ著

公開日: 更新日:

 世界各地を転々としてきた人気漫画家がポルトガル・リスボンでの暮らしをつづった日記。

 2002年に結婚後、仕事の関係でシリアを拠点としていたイタリア人夫と別居してきた著者は、04年に一家でリスボンに移住。引っ越し早々にイタリアから来襲した舅と姑との攻防、忘れたころに届いた日本からの荷物から出てきたガラクタとの格闘、そして単調な食生活ゆえかコンビニを満喫する夢に悩まされたり、日本から押しかけてきたオバサン軍団の旅にツアーコンダクター役として同行するなど、懐かしい昭和の日本の空気が感じられるリスボンでの暮らしを点描。

 あの「テルマエ・ロマエ」発想の発端もこの地だという著者の創作の源に触れる。(朝日新聞出版 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る