「小説 新聞社販売局」幸田泉著

公開日: 更新日:

 大和新聞社の記者・神田亮一は編集局長の古石に疎まれて、37歳で販売局に異動となった。くさっている神田に、担当員になれという追い打ちが。担当員とは新聞販売店を任せる人材を探し、その新店主を育てる仕事だ。販売店に挨拶まわりをしていたら、そのうちの一店が入金拒否をするというトラブルが発生。販売店には新聞社から実際の購読者の数よりかなり多い部数が送られるが、余った分の代金300万円は払わないというのだ。上司に相談したら、その分はお前が立て替えろという。どうも前任者が変な工作をしているらしい。

 全国紙社会部や販売局を経験した著者が新聞社の闇を描くリアル小説。(講談社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る