• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「山水の飄客前田普羅」正津勉著

 明治生まれの俳人、前田普羅は13歳のとき、両親が台湾に渡ったため、親戚に預けられる。母は3年後に死亡、寂しい少年時代を送った普羅は、俳句を詠むようになった。

 俳句を詠んでいると、山中を歩くときに何かを与えられるのと同じような境地になれた。やがて志賀重昂の「日本風景論」に出合い、山へ行くようになる。だが、頂に登るのでなく、甲斐の渓谷を歩いた。〈春尽きて山みな甲斐に走りけり〉。彼は人の世をのがれて山に行くのではなく、「人の中にモッと、安住の地を探す」ために渓谷を散策したのだ。

 高浜虚子の弟子であり、山岳俳句の第一人者だった前田普羅の作品の世界に迫る。(アーツアンドクラフツ 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

もっと見る