「偽装中流」須田慎一郎著

公開日: 更新日:

「GDP600兆円」が格差拡大になるカラクリ

 安倍首相は、「分厚い中間層」の復活を念頭に2020年に向けて「1億総活躍社会」なるスローガンを打ち出しているが、格差の拡大、二極化が進む現状で再び「分厚い中間層」をつくり出すことは不可能だと著者は指摘する。

 人並みに頑張っていれば、誰もが報われた時代はこの先二度とやってくることはなく、今は中流だと思っている人でも、下流に転落してしまう恐れすらある。1億総活躍社会の実現のために打ち出した新3本の矢のひとつ「GDP600兆円」は薄給で働く人を増やすことでしか実現できないとそのカラクリと政権の意図を暴く。

 2020年以降に噴出するさまざまな問題を見据え、安倍政権の政策を徹底批判した警世の書。(KKベストセラーズ 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る