「偽装中流」須田慎一郎著

公開日: 更新日:

「GDP600兆円」が格差拡大になるカラクリ

 安倍首相は、「分厚い中間層」の復活を念頭に2020年に向けて「1億総活躍社会」なるスローガンを打ち出しているが、格差の拡大、二極化が進む現状で再び「分厚い中間層」をつくり出すことは不可能だと著者は指摘する。

 人並みに頑張っていれば、誰もが報われた時代はこの先二度とやってくることはなく、今は中流だと思っている人でも、下流に転落してしまう恐れすらある。1億総活躍社会の実現のために打ち出した新3本の矢のひとつ「GDP600兆円」は薄給で働く人を増やすことでしか実現できないとそのカラクリと政権の意図を暴く。

 2020年以降に噴出するさまざまな問題を見据え、安倍政権の政策を徹底批判した警世の書。(KKベストセラーズ 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

もっと見る

人気キーワード