• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「偽装中流」須田慎一郎著

「GDP600兆円」が格差拡大になるカラクリ

 安倍首相は、「分厚い中間層」の復活を念頭に2020年に向けて「1億総活躍社会」なるスローガンを打ち出しているが、格差の拡大、二極化が進む現状で再び「分厚い中間層」をつくり出すことは不可能だと著者は指摘する。

 人並みに頑張っていれば、誰もが報われた時代はこの先二度とやってくることはなく、今は中流だと思っている人でも、下流に転落してしまう恐れすらある。1億総活躍社会の実現のために打ち出した新3本の矢のひとつ「GDP600兆円」は薄給で働く人を増やすことでしか実現できないとそのカラクリと政権の意図を暴く。

 2020年以降に噴出するさまざまな問題を見据え、安倍政権の政策を徹底批判した警世の書。(KKベストセラーズ 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る