「蛮政の秋」堂場瞬一著

公開日: 更新日:

 新聞社の社会部記者・南に舞い込んだ情報提供のメールに、大手IT企業から与党議員への違法献金と思われるリストが添えられていた。リストに記されているのはメディア規制法案に積極的な議員ばかりで、同社による政界工作の可能性が高い。前任地の山梨支局で誤報事件を起こした南は、起死回生を狙いながらも慎重に取材を進める。やがて、メールの発信者と思われる人物が1週間前に失踪したことが分かる。

 同じころ、野党の2世議員・富永も同じリストを入手。選挙を前に、与党にダメージを与え、名を上げたい富永は、予算委員会でリストに名がある与党幹部を追及するが……。

 虚実が入り乱れる政界・メディアを舞台にした社会派小説。(集英社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る