現代は“オトコ”にとって本当に生きづらい時代なのか?

公開日:  更新日:

「男という名の絶望」奥田祥子著

 新聞社系週刊誌記者として家庭問題や男性の晩婚・非婚化などを取材してきた著者。「男はつらいらしい」というルポもあるが、本書の筆致はかなり違う。

 リストラの恐怖におびえる中間管理職世代。妻の浮気を見て見ぬふりし、妻のDVに苦しむ夫。子どもとの関わりで家族関係まで壊れた父。中年過ぎても母親の影につきまとわれる息子。現代の男たちを取り巻く複雑な重圧の諸相がこれでもかとばかりに描かれる。

 新聞記者のルポは客観的記述がスタンダードだが、本書では筆者の個人的な思いや姿勢が折々に吐露され、取材相手の夫婦から子どものいない独身女性という立場を「いいですね、気楽で」と皮肉られたりもする。しかしそれがかえって取材対象の悩みや苦しみに深く踏み込むきっかけになるような新しいルポの試みにもなっている。

 保身のために同期の友人を身代わりにして生き残ったサラリーマンが家庭にいる場を失い、末期がんでようやく妻とのつながりを取り戻す――。書名だけ見るとジェンダー論の学者の小言のようだが、本書はむしろ取材対象への悲しい共感をこめたジャーナリストの現代男性論だ。(幻冬舎 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る