• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「小説 外務省Ⅱ」孫崎享著

 2013年秋、外交官の西京寺はイラン大使館への異動を命じられる。尖閣問題で、「日中間に棚上げの合意はない」という政府や外務省の見解に背いた発言を内外に発信してきたための左遷人事は明白だ。出発の準備を進める西京寺に米国大使館のドレズナーが接触してきた。前年、西京寺は米国の意向に反した鳩山元首相のイラン訪問を支持した。そうした事情を知りながら、ドレズナーは米国とイランの関係改善のための協力を求めてくる。それが国益になるとの確信を持つ西京寺は赴任後、ドレズナーの指示を受け、歯科医のルクサナを訪ねる。

 元イラン大使が世界の情報戦の現実と日本外交の無為無策を描いたノンフィクションノベル。(現代書館 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る