• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「小説 外務省Ⅱ」孫崎享著

 2013年秋、外交官の西京寺はイラン大使館への異動を命じられる。尖閣問題で、「日中間に棚上げの合意はない」という政府や外務省の見解に背いた発言を内外に発信してきたための左遷人事は明白だ。出発の準備を進める西京寺に米国大使館のドレズナーが接触してきた。前年、西京寺は米国の意向に反した鳩山元首相のイラン訪問を支持した。そうした事情を知りながら、ドレズナーは米国とイランの関係改善のための協力を求めてくる。それが国益になるとの確信を持つ西京寺は赴任後、ドレズナーの指示を受け、歯科医のルクサナを訪ねる。

 元イラン大使が世界の情報戦の現実と日本外交の無為無策を描いたノンフィクションノベル。(現代書館 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る