• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「私のフルトヴェングラー」宇野功芳著

 20世紀を代表する偉大な指揮者のひとり、ドイツのフルトヴェングラーの音楽を論じた評論集。

 ブルーノ・ワルターと人気を二分していたフルトヴェングラーは、第2次世界大戦前夜、ベルリン・フィルの常任指揮者に就任。内気で人見知りが激しく、指揮者としては不適格な性格の持ち主だった彼は、音楽的実力だけで成功した稀有な例だという。

 死後、半世紀以上が過ぎても彼の音楽が常に新しく、現代人の心を打ち続けるのはなぜか。それは、フルトヴェングラーは作曲者と同じ水準で楽曲を追体験し、作品がたった今生まれたかのように再創造するからだという。その偉大さの秘密から、CDベスト10や対談など、多様な視点から魅力を伝えるフルトヴェングラー尽くしの一冊。(河出書房新社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る