• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「私のフルトヴェングラー」宇野功芳著

 20世紀を代表する偉大な指揮者のひとり、ドイツのフルトヴェングラーの音楽を論じた評論集。

 ブルーノ・ワルターと人気を二分していたフルトヴェングラーは、第2次世界大戦前夜、ベルリン・フィルの常任指揮者に就任。内気で人見知りが激しく、指揮者としては不適格な性格の持ち主だった彼は、音楽的実力だけで成功した稀有な例だという。

 死後、半世紀以上が過ぎても彼の音楽が常に新しく、現代人の心を打ち続けるのはなぜか。それは、フルトヴェングラーは作曲者と同じ水準で楽曲を追体験し、作品がたった今生まれたかのように再創造するからだという。その偉大さの秘密から、CDベスト10や対談など、多様な視点から魅力を伝えるフルトヴェングラー尽くしの一冊。(河出書房新社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る