• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「恩讐の鎮魂曲」中山七里著

 人殺しの過去を法廷で暴かれ、仕事が激減した弁護士の御子柴は、医療少年院で世話になった教官の稲見が殺人容疑で逮捕されたことを知る。老人ホームに入所していた稲見が、介護士の栃野を花瓶で殴って殺したというのだ。

 御子柴は恩師の力になろうとするが、稲見は面会も拒否。それでも強引に稲見の国選弁護士となった御子柴は、現場の老人ホームに乗り込む。しかし、稲見は罪を認めており、関係者の証言も稲見の供述通りだった。そんな中、御子柴は栃野が10年前の旅客船沈没事故で女性から救命胴着を奪って生き延びた男だと知る。事故後、栃野は裁判にかけられるが、「緊急避難」が適用され無罪になっていた。

 人気沸騰のリーガルサスペンスの第3弾。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る