「恩讐の鎮魂曲」中山七里著

公開日: 更新日:

 人殺しの過去を法廷で暴かれ、仕事が激減した弁護士の御子柴は、医療少年院で世話になった教官の稲見が殺人容疑で逮捕されたことを知る。老人ホームに入所していた稲見が、介護士の栃野を花瓶で殴って殺したというのだ。

 御子柴は恩師の力になろうとするが、稲見は面会も拒否。それでも強引に稲見の国選弁護士となった御子柴は、現場の老人ホームに乗り込む。しかし、稲見は罪を認めており、関係者の証言も稲見の供述通りだった。そんな中、御子柴は栃野が10年前の旅客船沈没事故で女性から救命胴着を奪って生き延びた男だと知る。事故後、栃野は裁判にかけられるが、「緊急避難」が適用され無罪になっていた。

 人気沸騰のリーガルサスペンスの第3弾。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る