「核に魅入られた国家」会川晴之著

公開日:  更新日:

 1985年、〈パキスタンの原爆の父〉カーン博士が京都大学の航空工学教室を訪れ、ウラン濃縮の資料が欲しいと申し入れたが、「日本は平和国家だから」と拒絶された。

 日本では原爆用の90%以上の高濃縮ウランではなく、原発用の3%濃縮ウランを製造している。核技術の軍事利用に歯止めをかけるために、ウラン濃縮などの技術情報は特許公報で公開されているのだが、それが海外に流出しているという。

 他に、隣国インドに対抗するために核兵器開発を進めるパキスタン、パキスタンと「核とミサイルの交換」をしたといわれる北朝鮮、中東の覇権国を狙うイランなどの現状を毎日新聞編集委員がリポート。(毎日新聞出版 1650円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る