「核に魅入られた国家」会川晴之著

公開日:  更新日:

 1985年、〈パキスタンの原爆の父〉カーン博士が京都大学の航空工学教室を訪れ、ウラン濃縮の資料が欲しいと申し入れたが、「日本は平和国家だから」と拒絶された。

 日本では原爆用の90%以上の高濃縮ウランではなく、原発用の3%濃縮ウランを製造している。核技術の軍事利用に歯止めをかけるために、ウラン濃縮などの技術情報は特許公報で公開されているのだが、それが海外に流出しているという。

 他に、隣国インドに対抗するために核兵器開発を進めるパキスタン、パキスタンと「核とミサイルの交換」をしたといわれる北朝鮮、中東の覇権国を狙うイランなどの現状を毎日新聞編集委員がリポート。(毎日新聞出版 1650円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る