「シニア左翼とは何か」小林哲夫氏

公開日:  更新日:

個人として参加するデモのスタイルがシニア世代には新鮮に映る

 昨年の安保法制への反対行動では、SEALDs(シールズ)の若者たちが話題になった。
 今も彼らのメッセージがさまざまな反響を呼んでいる。

「実は、どの集会に行っても、年配の方たちが多かったんです。60代、70代から80歳を超えた方たちが、どんな思いで足を運んでいるのかに興味を持ちました。それと『40年ぶりに戻ってきた』1970年全共闘運動の活動家たちが、今の運動をどう見ているのかも気になりました。裏返せば、あなたたち40年間何してたの? という疑問ですね」

 シニアたちに話を聞くと、一貫組、復活組、「ご意見番」組、初参加組に分けることができた。復活組は、柄谷行人、内田樹、上野千鶴子など学者が多い。ご意見番は大江健三郎、瀬戸内寂聴、澤地久枝、森村誠一など、反体制・反権力的な意見表明をしてきた知識人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る