ノーパン喫茶の発祥は京都の「ジャーニー」

公開日: 更新日:

「人生エロエロ」みうらじゅん著 文春文庫 700円+税

〈人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた〉

 そんな書き出しで週刊文春に連載中の人気コラムが文庫化された。

 80年代初頭、超ミニスカで下着をはかない、いわゆる“ノーパン喫茶”が大流行した。京都で暮らす著者は友人に誘われるままに金閣寺近くのノーパン喫茶「モンローウォーク」に入った。著者は〈ガハハ・オヤジなセンスが性に合わなくて、早くブームが通り過ぎることを願って〉いたという意外な一面があり、友達が床に落ちていた縮れた毛を戦利品としてうれしそうにしている横で、ノーパン嬢のものである確率は極めて低いと冷静である。

 ノーパン喫茶の発祥は、1980年、大阪・阿倍野に誕生した「あべのスキャンダル」という説が有力だったが、本書によれば、それより2、3年前、京都に誕生した「ジャーニー」という店が早かったという貴重な証言を記述している。

 70年代、「別冊スクリーン」は中高生にとって外国人ヌードが多いエロ度の高い雑誌だった。自意識過剰の著者は〈数店回ってバァさんが一人座ってる本屋に入って〉買い求めたのだった。

 著者と私は1950年代半ば生まれの同世代、私も「別冊スクリーン」を住まいの所沢ではなく県境を越え東京・東村山まで買いに行った記憶がよみがえってきた!

 実を言うと、1981年「ザ・キャンパス」という私にとっての処女作を書き下ろした際、イラストを誰に頼もうか思案し、武蔵野美術短大に在籍していた私の妹に聞いてみたときがあった。

「牛と埴輪の絵ばかり描いてる変な先輩がいるんだよ。その人に頼んだら?」と言われたのだったが、編集長が首をかしげ、貴重なコラボは実現できなかった過去がある。

 本書は「マイブーム」「ゆるキャラ」といった新語を相次ぎ生み出す「一人電通」の鮮烈なヰタ・セクスアリスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る