本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏

1956年、埼玉県生まれ。早大政経学部卒。ノンフィクション、エッセー、小説など幅広く執筆中。著書に「エロ本黄金時代」「東京最後の異界 鶯谷」ほか多数。

ノーパン喫茶の発祥は京都の「ジャーニー」

公開日:  更新日:

「人生エロエロ」みうらじゅん著 文春文庫 700円+税

〈人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた〉

 そんな書き出しで週刊文春に連載中の人気コラムが文庫化された。

 80年代初頭、超ミニスカで下着をはかない、いわゆる“ノーパン喫茶”が大流行した。京都で暮らす著者は友人に誘われるままに金閣寺近くのノーパン喫茶「モンローウォーク」に入った。著者は〈ガハハ・オヤジなセンスが性に合わなくて、早くブームが通り過ぎることを願って〉いたという意外な一面があり、友達が床に落ちていた縮れた毛を戦利品としてうれしそうにしている横で、ノーパン嬢のものである確率は極めて低いと冷静である。

 ノーパン喫茶の発祥は、1980年、大阪・阿倍野に誕生した「あべのスキャンダル」という説が有力だったが、本書によれば、それより2、3年前、京都に誕生した「ジャーニー」という店が早かったという貴重な証言を記述している。

 70年代、「別冊スクリーン」は中高生にとって外国人ヌードが多いエロ度の高い雑誌だった。自意識過剰の著者は〈数店回ってバァさんが一人座ってる本屋に入って〉買い求めたのだった。

 著者と私は1950年代半ば生まれの同世代、私も「別冊スクリーン」を住まいの所沢ではなく県境を越え東京・東村山まで買いに行った記憶がよみがえってきた!

 実を言うと、1981年「ザ・キャンパス」という私にとっての処女作を書き下ろした際、イラストを誰に頼もうか思案し、武蔵野美術短大に在籍していた私の妹に聞いてみたときがあった。

「牛と埴輪の絵ばかり描いてる変な先輩がいるんだよ。その人に頼んだら?」と言われたのだったが、編集長が首をかしげ、貴重なコラボは実現できなかった過去がある。

 本書は「マイブーム」「ゆるキャラ」といった新語を相次ぎ生み出す「一人電通」の鮮烈なヰタ・セクスアリスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る