「横須賀、基地の街を歩きつづけて」新倉裕史著

公開日: 更新日:

「日米安保」のガイドラインがどんどん拡大する中、横須賀で米軍基地の監視を続ける「非核市民宣言運動・ヨコスカ」のメンバーは2004年10月、平和船団の海上デモを行った。米軍の警備艇がヨットの前を突然横切ったため、マストを支えるワイヤが切れた。海上保安庁に電話したら当初、海難事故の賠償事件として処理されそうになったが、米軍から謝罪と弁償を引き出すという成果を挙げた。

 さらに、横須賀基地内の〈提供水域〉での行動は、陸上のデモ申請と同じで、基地監視や写真撮影なら「行事届」の提出も不要ということが判明した。「軍隊も法の支配下に」を目指す市民の活動報告。(七つ森書館 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  2. 2

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  9. 9

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  10. 10

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る