「男と女の新しい関係」を指南する4冊の本

公開日:  更新日:

「いかにして私は12歳年下の女性の心を盗んだのか」松本浩典著

 “いい年をして色恋沙汰なんて”などという考え方はもう古い! 世界一の長寿国である日本に暮らす我々は、いくつになっても愛を追い求め、セックスに対しても貪欲であることこそが、満ち足りた人生には不可欠であることを、世界に知らしめる必要があるのではないか。そこで今回は、愛に生きセックスを楽しみたいあなたに送る4冊を紹介しよう。

 芸能界では珍しくなくなった年の差婚。石田純一・東尾理子夫妻は22歳差、市村正親・篠原涼子夫妻は24歳差、世の女性たちを絶望させた福山雅治・吹石一恵夫妻も14歳差だ。

 そうはいっても、若い年下女性をものにできるのはイケメンか金持ちで、一般人には無理な話……と諦めるのはまだ早い。松本浩典著「いかにして私は12歳年下の女性の心を盗んだのか」(三五館 1300円+税)では、タイトル通り12歳年下の妻を持つ恋愛コンサルタントの著者が、年の差恋愛を成功に導く目からウロコの恋愛術を指南している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る