日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「男と女の新しい関係」を指南する4冊の本

「いかにして私は12歳年下の女性の心を盗んだのか」松本浩典著

 “いい年をして色恋沙汰なんて”などという考え方はもう古い! 世界一の長寿国である日本に暮らす我々は、いくつになっても愛を追い求め、セックスに対しても貪欲であることこそが、満ち足りた人生には不可欠であることを、世界に知らしめる必要があるのではないか。そこで今回は、愛に生きセックスを楽しみたいあなたに送る4冊を紹介しよう。

 芸能界では珍しくなくなった年の差婚。石田純一・東尾理子夫妻は22歳差、市村正親・篠原涼子夫妻は24歳差、世の女性たちを絶望させた福山雅治・吹石一恵夫妻も14歳差だ。

 そうはいっても、若い年下女性をものにできるのはイケメンか金持ちで、一般人には無理な話……と諦めるのはまだ早い。松本浩典著「いかにして私は12歳年下の女性の心を盗んだのか」(三五館 1300円+税)では、タイトル通り12歳年下の妻を持つ恋愛コンサルタントの著者が、年の差恋愛を成功に導く目からウロコの恋愛術を指南している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事