「娼婦たちから見た戦場」八木澤高明著

公開日:  更新日:

 戦場と性の関係は、古代から現代まで連綿と続いてきた。血なまぐさい土地では、市場で物品が売買されるのと同じように娼婦たちが春を売る。本書は、カメラ片手に世界の紛争地を巡り歩いてきた著者が、娼婦たちを通して見えてくる世界の現状を描いたルポルタージュだ。

 登場するのは、すぐに体を売ることになりかねないイラクのスモーキーマウンテンの少女、寺に捧げる名目で村の男たちの慰み者となり一般社会に戻れないネパールの処女神信仰の犠牲者、家族のために性を売った末にエイズになるタイの娼婦、都市に出て体を売る戸籍のない中国の黒孩子など。

 読み進めると、世界の紛争地の軍隊や習俗や貧困の陰に娼婦が存在することが明らかになってくる。これらは日本と決して無関係ではなく、同じことが戦中戦後の日本でも起きた。今後はマイナンバー制度によって売春が地下に潜るという。

 戦場は決して遠い異国にあるのでなく、もはや足元にあると指摘している。(KADOKAWA 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る