• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「青藍の峠」犬飼六岐著

 蘭学者・緒方洪庵の適塾に、長野村から弥吉という若者がやってきた。元塾生・吉井の紹介で入門するつもりだったのに、適塾が吉井に依頼したのは下男の後釜だという。

 洪庵は留守だったので、しかたなく下男としてとどまることに。実は弥吉は、攘夷派の吉井から洪庵の暗殺を命じられていた。洪庵が開国を進める幕府に加担するのではないかと思いこんでいたのだ。旅から戻った洪庵に初めて会ったとき、弥吉はその人物を見極めようとするが、その視線は洪庵の瞳にすうっと吸い込まれた。ある日、弥吉は洪庵の往診のお供をすることになったが……。

 時代の転換期に正義を模索する若者を描く時代小説。(集英社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る