「青藍の峠」犬飼六岐著

公開日:  更新日:

 蘭学者・緒方洪庵の適塾に、長野村から弥吉という若者がやってきた。元塾生・吉井の紹介で入門するつもりだったのに、適塾が吉井に依頼したのは下男の後釜だという。

 洪庵は留守だったので、しかたなく下男としてとどまることに。実は弥吉は、攘夷派の吉井から洪庵の暗殺を命じられていた。洪庵が開国を進める幕府に加担するのではないかと思いこんでいたのだ。旅から戻った洪庵に初めて会ったとき、弥吉はその人物を見極めようとするが、その視線は洪庵の瞳にすうっと吸い込まれた。ある日、弥吉は洪庵の往診のお供をすることになったが……。

 時代の転換期に正義を模索する若者を描く時代小説。(集英社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る