• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「青藍の峠」犬飼六岐著

 蘭学者・緒方洪庵の適塾に、長野村から弥吉という若者がやってきた。元塾生・吉井の紹介で入門するつもりだったのに、適塾が吉井に依頼したのは下男の後釜だという。

 洪庵は留守だったので、しかたなく下男としてとどまることに。実は弥吉は、攘夷派の吉井から洪庵の暗殺を命じられていた。洪庵が開国を進める幕府に加担するのではないかと思いこんでいたのだ。旅から戻った洪庵に初めて会ったとき、弥吉はその人物を見極めようとするが、その視線は洪庵の瞳にすうっと吸い込まれた。ある日、弥吉は洪庵の往診のお供をすることになったが……。

 時代の転換期に正義を模索する若者を描く時代小説。(集英社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る