「山小屋主人の炉端話」工藤隆雄著

公開日: 更新日:

 北八ケ岳・黒百合ヒュッテの主人、米川正利はやけくそ状態だった。書き入れ時のお盆に台風が近づき、客がほとんどいない。腹を立てて「ただ酒をみんなに振る舞うぞ」と言ったら、台風が来るので泊まらずに下山すると言った登山客たちが電話を貸してくれと言う。「台風で小屋に閉じ込められて帰れない」などと連絡して、下山をやめて飲み始めた。

 そのうちフォークダンスを始めたが、ミシッ、ミシッ、ドドドッという音がして2階の床が落っこちた。台風の襲来かと思ったが、台風は予想のコースを外れて房総方面に抜けたという。(「踊りはきらいだ」)

 山小屋の主人が語る34編の山の奇譚。(山と溪谷社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  3. 3

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  4. 4

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  5. 5

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  6. 6

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  7. 7

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  8. 8

    石破氏が衝撃発言 改めて震撼する前法相夫妻巡る国家犯罪

  9. 9

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  10. 10

    樹木希林に「会ってみたい」と言わしめた伝説の芸能記者K

もっと見る