「山小屋主人の炉端話」工藤隆雄著

公開日:

 北八ケ岳・黒百合ヒュッテの主人、米川正利はやけくそ状態だった。書き入れ時のお盆に台風が近づき、客がほとんどいない。腹を立てて「ただ酒をみんなに振る舞うぞ」と言ったら、台風が来るので泊まらずに下山すると言った登山客たちが電話を貸してくれと言う。「台風で小屋に閉じ込められて帰れない」などと連絡して、下山をやめて飲み始めた。

 そのうちフォークダンスを始めたが、ミシッ、ミシッ、ドドドッという音がして2階の床が落っこちた。台風の襲来かと思ったが、台風は予想のコースを外れて房総方面に抜けたという。(「踊りはきらいだ」)

 山小屋の主人が語る34編の山の奇譚。(山と溪谷社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る