北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「虹を待つ彼女」逸木裕著

公開日:

 人工知能と会話をするアプリを研究している男がいる。その研究家・工藤が、死者を人工知能化するプロジェクトに参加するのがこの物語の真の始まりだ。

 試作品のモデルに選んだのは、自殺した美貌のゲームクリエーター水科晴。彼女は6年前、自作のゲームとドローンを連携させ、自らを標的にして自殺した。なぜそんなことをしたのかと世間を騒がせた事件だが、その比類ない孤独に興味を持ったのがひとつ。もうひとつの理由はいまでもカルト的な人気があること。つまり話題性がある。

 というわけで、その謎のヒロインがどういう人生を送っていたのか、その調査が始まっていく。人工知能化するには彼女が何を考えていたのかを知る必要があるからだ。完璧な人工知能をつくるためには、さまざまな人に会って、「水科晴」というヒロインを再構築しなければならない。

 誤解をおそれずに言うならば、本書はそれだけの話だ。ところが、圧倒的に面白い。それは構成が群を抜いているからだ。水科晴に「雨」と呼ばれる恋人がいたこと、調査をやめなければ殺すと脅迫されること、そんなことをする女性には見えないのに水科晴が次々に男を代えていたこと――。

 いくつもの謎が絡み合って、すべてが明らかになるラストになだれこんでいく。最後に立ち上がってくるヒロイン像が圧巻だ。

 第36回横溝正史ミステリ大賞の受賞作である。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る