鉄面皮の内側 プーチンのしたたかな政治手腕を精査

公開日: 更新日:

「プーチン―内政的考察」木村汎著

トランプと意気投合する一方、安倍総理を手玉にとる外交巧者プーチン。その鉄面皮の内側を暴く――。

 わが国のソ連・ロシア研究の大家が精魂を傾けた畢生(ひっせい)のプーチン論。その第1部は既に「プーチン-人間的考察」として出版。その第2部に当たる本書はプーチノクラシー(プーチン統治)の全貌を明らかにする野心作だ。

 既に16年以上も実質的に続いているプーチン政権は、米大統領2期8年と比べても2倍以上になる。ゴルバチョフのペレストロイカ(立て直し)時代を東独で過ごしたプーチンは西欧並みの「新思考外交」を標榜したゴルバチョフ流の欠点をつぶさに目撃。これが「下からの人民反乱への嫌悪」を醸成したという。

 皇帝型の統治を実現するために軍やメディアとの密接な関係に配慮するプーチンだが、軍の操縦のために送り込んだ盟友イワノフはいまや軍の言いなり。他方、14年以来の原油安、ルーブル安、米欧による経済制裁の三重苦に喘ぎながらも、ウクライナやシリアでの華々しい戦果をテレビで大宣伝することで庶民の人気は衰えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る

人気キーワード