鉄面皮の内側 プーチンのしたたかな政治手腕を精査

公開日: 更新日:

「プーチン―内政的考察」木村汎著

トランプと意気投合する一方、安倍総理を手玉にとる外交巧者プーチン。その鉄面皮の内側を暴く――。

 わが国のソ連・ロシア研究の大家が精魂を傾けた畢生(ひっせい)のプーチン論。その第1部は既に「プーチン-人間的考察」として出版。その第2部に当たる本書はプーチノクラシー(プーチン統治)の全貌を明らかにする野心作だ。

 既に16年以上も実質的に続いているプーチン政権は、米大統領2期8年と比べても2倍以上になる。ゴルバチョフのペレストロイカ(立て直し)時代を東独で過ごしたプーチンは西欧並みの「新思考外交」を標榜したゴルバチョフ流の欠点をつぶさに目撃。これが「下からの人民反乱への嫌悪」を醸成したという。

 皇帝型の統治を実現するために軍やメディアとの密接な関係に配慮するプーチンだが、軍の操縦のために送り込んだ盟友イワノフはいまや軍の言いなり。他方、14年以来の原油安、ルーブル安、米欧による経済制裁の三重苦に喘ぎながらも、ウクライナやシリアでの華々しい戦果をテレビで大宣伝することで庶民の人気は衰えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る