「殺し屋を殺せ」クリス・ホルム著、田口俊樹訳

公開日: 更新日:

 元特殊部隊員のヘンドリクスは、軍人時代の行為を償うため、殺し屋専門の殺し屋となる。殺し屋の標的になった人物にその事実を伝え、報酬と引き換えに彼らを狙う殺し屋を殺すのだ。

 ある日、彼はマイアミで不動産会社のオーナー・モラレスの命を狙うクルスの頭を4ブロック離れた駐車場からライフルで吹き飛ばす。全米の犯罪組織の代表者が集まる「評議会」は、クルスを殺した正体不明の殺し屋の始末をフリーのエンゲルマンに依頼。エンゲルマンは厳重な警備を突破してモラレスに接触する。同じ頃、同じ手口を二度と使わず犯行を繰り返すヘンドリクスを追って、FBI捜査官のトンプソンも動き出していた。

 アンソニー賞最優秀長編賞を受賞した徹夜必至のエンターテインメント。(早川書房 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  4. 4

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る