「殺し屋を殺せ」クリス・ホルム著、田口俊樹訳

公開日: 更新日:

 元特殊部隊員のヘンドリクスは、軍人時代の行為を償うため、殺し屋専門の殺し屋となる。殺し屋の標的になった人物にその事実を伝え、報酬と引き換えに彼らを狙う殺し屋を殺すのだ。

 ある日、彼はマイアミで不動産会社のオーナー・モラレスの命を狙うクルスの頭を4ブロック離れた駐車場からライフルで吹き飛ばす。全米の犯罪組織の代表者が集まる「評議会」は、クルスを殺した正体不明の殺し屋の始末をフリーのエンゲルマンに依頼。エンゲルマンは厳重な警備を突破してモラレスに接触する。同じ頃、同じ手口を二度と使わず犯行を繰り返すヘンドリクスを追って、FBI捜査官のトンプソンも動き出していた。

 アンソニー賞最優秀長編賞を受賞した徹夜必至のエンターテインメント。(早川書房 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る