「懐かしの心に残る黄金期の日本映画100選」猪俣勝人著

公開日: 更新日:

 著者は脚本家だが、かつて映画を製作したことがあった。それは、ベルギー人の神父が恋人だった日本人スチュワーデスを殺した事件に憤激したからだ。神父は証人喚問が核心に迫ったとき、カトリック本部の召還命令で帰国した。

 カトリック信徒の恐喝や呪詛にもめげず、著者はこの事件をモデルに「白か黒か」という映画を作った。大映の永田雅一は絶賛したが、映画は封切り間もなく配給を打ち切られた。海外のカトリック勢力を刺激することを恐れた外務省情報部長の圧力で、映画の海外輸出の話も消えた。他に、ワイセツ論争を巻き起こした武智鉄二の「黒い雪」など、映画ファンとして知っておきたい日本映画100作品を紹介。(七つ森書館 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る