「懐かしの心に残る黄金期の日本映画100選」猪俣勝人著

公開日: 更新日:

 著者は脚本家だが、かつて映画を製作したことがあった。それは、ベルギー人の神父が恋人だった日本人スチュワーデスを殺した事件に憤激したからだ。神父は証人喚問が核心に迫ったとき、カトリック本部の召還命令で帰国した。

 カトリック信徒の恐喝や呪詛にもめげず、著者はこの事件をモデルに「白か黒か」という映画を作った。大映の永田雅一は絶賛したが、映画は封切り間もなく配給を打ち切られた。海外のカトリック勢力を刺激することを恐れた外務省情報部長の圧力で、映画の海外輸出の話も消えた。他に、ワイセツ論争を巻き起こした武智鉄二の「黒い雪」など、映画ファンとして知っておきたい日本映画100作品を紹介。(七つ森書館 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る