「懐かしの心に残る黄金期の日本映画100選」猪俣勝人著

公開日: 更新日:

 著者は脚本家だが、かつて映画を製作したことがあった。それは、ベルギー人の神父が恋人だった日本人スチュワーデスを殺した事件に憤激したからだ。神父は証人喚問が核心に迫ったとき、カトリック本部の召還命令で帰国した。

 カトリック信徒の恐喝や呪詛にもめげず、著者はこの事件をモデルに「白か黒か」という映画を作った。大映の永田雅一は絶賛したが、映画は封切り間もなく配給を打ち切られた。海外のカトリック勢力を刺激することを恐れた外務省情報部長の圧力で、映画の海外輸出の話も消えた。他に、ワイセツ論争を巻き起こした武智鉄二の「黒い雪」など、映画ファンとして知っておきたい日本映画100作品を紹介。(七つ森書館 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る

人気キーワード