「大江戸怪談 どたんばたん(土壇場譚)」平山夢明著

公開日: 更新日:

 江戸の庶民たちを主人公に描く時代物怪談集。

 深川の長屋に住む弥八は、仕事も続かず、賭け事と酒に溺れる日々を送っていた。ある日、賭場で顔見知りになった半三という男から、長屋の隣人で盲目の按摩(あんま)から金を奪い取る話を持ちかけられる。その按摩、佐渡の市は客の金をくすねて貯め込んでいるのだが、留守の間に探しても隠し場所が分からないというのだ。

 弥八は半三の部屋の穴から佐渡の市を見張るが、やはり隠し場所は分からない。そうこうしているうちに、借金取りに追われ、命が危なくなった弥八は、思い切って佐渡の市に按摩を頼み、自分の金を盗ませる。それをどこにしまうか見届けようという算段だったが……。(「地獄畳」)(講談社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  6. 6

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  7. 7

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  8. 8

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  9. 9

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  10. 10

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

もっと見る