• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「回想 私の手塚治虫」峯島正行著

 著者は大人向け漫画雑誌の草分け的存在「週刊漫画サンデー」の初代編集長。同誌創刊時の昭和30年代には子供漫画と大人漫画とが截然と分かれていた。子供向け漫画の巨匠として名声赫々たる手塚治虫を大人漫画の世界に引っ張り込んだのが他ならぬ著者だ。本書は、あまり語られることのなかった手塚の大人漫画について詳細に描いたもの。

 大人漫画において手塚は、子供漫画では描けないエロス、ペシミズム、ニヒリズムなどを盛り込み、さらには戦争を描いた。そうして出来上がったのが、「漫画サンデー」連載の長編SF「人間ども集まれ!」他の作品だ。こうした試みは、当時、子供漫画に行き詰まりを覚えていた手塚に新たな活路を見いださせ、やがて「アドルフに告ぐ」や「ブッダ」という名作につながることが、内容の紹介と当時の手塚の心情と共に跡づけられていく。

 本書には、著者が交遊した近藤日出造や横山隆一などの漫画家たちのエピソードも紹介されており、貴重な昭和漫画史ともなっている。(山川出版社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る