• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人でなしの恋。」大石圭著

 29歳の慎介は、勤務していた大学病院を辞め、父の後妻・ルナの介護に明け暮れる。7年前、父は母の葬儀から1カ月も経たずに慎介と3歳しか離れていないルナを家に招き入れた。3年前に階段から転落して半身不随になったルナを献身的に介護してきた父が、1年前に急死。慎介はルナに懇願され、介護を引き継いだのだ。美しいルナに湧き上がるよこしまな欲望を隠しながら、慎介は介護を続ける。ルナへの思いが募る慎介は、外出先で見かけた女性を拉致。外科的処置をし身動きできなくして、屋敷の一角で飼育を始める。ルナそっくりに化粧を施し、抱こうとするが、代用品では慎介の体は反応しない。

 青年の屈折した愛を描いた長編小説。(光文社 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る