• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人でなしの恋。」大石圭著

 29歳の慎介は、勤務していた大学病院を辞め、父の後妻・ルナの介護に明け暮れる。7年前、父は母の葬儀から1カ月も経たずに慎介と3歳しか離れていないルナを家に招き入れた。3年前に階段から転落して半身不随になったルナを献身的に介護してきた父が、1年前に急死。慎介はルナに懇願され、介護を引き継いだのだ。美しいルナに湧き上がるよこしまな欲望を隠しながら、慎介は介護を続ける。ルナへの思いが募る慎介は、外出先で見かけた女性を拉致。外科的処置をし身動きできなくして、屋敷の一角で飼育を始める。ルナそっくりに化粧を施し、抱こうとするが、代用品では慎介の体は反応しない。

 青年の屈折した愛を描いた長編小説。(光文社 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る