• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「暗闘」山口敬之著

 安倍政権の内幕を描いた前作、「総理」の続編ともいえるスクープ・ノンフィクション。今回は安倍外交に焦点を当てている。著者はTBS報道局、政治部、ワシントン支局長などを歴任したフリージャーナリスト。最近はテレビの報道番組にコメンテーターとしてよく登場している。

 安倍総理が、大統領就任前のトランプといち早く会談を行ったのはなぜか。クリントン優勢が伝えられるなか、水面下でどんな動きがあったのか。日米双方のキーマンは誰か。

 世界初のトランプ会談をはじめ、北方領土をめぐるプーチンとの日ロ交渉、真珠湾訪問など、外交の重要な局面で安倍総理は何を考え、何を目指したのか。メディアが報じない外交の舞台裏を綿密な取材に基づいて書いている。

 タイトルの「暗闘」の相手は外務官僚。外交の「官邸直轄」と「多層的アプローチ」を目指す安倍政権は、外務官僚の言いなりには動かない。官邸主導でトップ同士の人間関係構築に力点を置いている。外務省は面白くないから、軋轢が生じる。実はこの軋轢は根深く、拉致問題や北方領土問題とも関係している。

 安倍外交の手法は吉と出るか、凶と出るか。暗闘の先行きは見えない。(幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る